【救世主】ペプチアで効果的対策ができる理由は2種類の有用成分にアリ

【ED必見】ペプチアの効果→推奨理由は2種類の有用成分の科学的根拠

 

自分ではまだまだ若いつもりなんだけど・・・


 

 

  • かつての頃のように「ギンギンMAX」になれないでいる・・・。
  • チャンス到来の夜でも、積極的になれずにいる自分が情けない・・!

 

 

・・・

 

 

・・・

 

 

ええ。

 

 

中年以上の「ナイトライフ」のお悩み、なにも、あなたに限ったことではありません。

 

 

まだまだ現役世代だけど・・・、「悩める夜を過ごしているオトコ達」におすすめしているのが「ペプチア」です。

 

 

数ある活力サプリの内、なぜペプチアなのか??これから1つずつ紐解いていきたいと思います。

 

 

購入することは既に決断済みで、いち早く最安値を知りたい!という方はコチラ

↓↓↓

 

 

ペプチアをおすすめする「最大の理由」

先に結論を述べます。

 

 

ずばり、

ペプチアをおすすめする最大の理由、それは「科学的根拠」です。

 

結局、望んでいる「結果」を得られるのか?結果を左右するのは、配合されている成分の科学的根拠の信頼度です。

 

 

ですから、このような理由では選んではいけません。
↓↓↓

  • 何となく精力UPに良さそうな成分だから。
  • サソリとか馬の睾丸とか効くんでしょ?

 

選ぶべきは商品は、
↓↓↓

研究報告で「成分の有用性」が示され、きちんとした「根拠」がある成分を配合している商品

 

これが、ED克服サプリを選ぶ上で最も重要な条件なのです。

 

 

ペプチアで特に着目すべき成分は、以下の2つです。

  1. ランペップ
  2. ピクノジェノール(フランス海岸松抽出物)

 

各成分の有用性について解説していきます。

 

@ ランペップ

 

ランペップはファーマーフーズ社の特許成分、「NO(一酸化窒素)産生促進組成物及び男性機能改善」に関する特許を取得しています。
(出典:ランペップの男性機能改善への有用性

 

 

上記特許の内容をまとめると、以下の通りです。

  • ランペップは卵白の機能性タンパクを酵素分解し、ペプチド化したもの
  • ランペップ+亜鉛+マカと併用で相乗効果アリ。一酸化窒素(NO)の産生が促進される
  • 一酸化窒素(NO)の血流促進により、効果的なED対策となる

 

要は、

ランペップの「EDへの有用性」が示されているということです。

 

「ランペップ」と「亜鉛+マカ」の同時摂取が、相乗的に効果を高めるとされており、ペプチアには

  • ランペップ:500mg
  • 亜鉛:9mg
  • マカ:250mg

 

全て配合されていることがわかります。

 

 

特許取得成分なので、その信頼性の高さを認識いただけるかと思います。きちんと科学的根拠のある成分を配合しているのがペプチア最大の「強み」です。

 

A ピクノジェノール(フランス海岸松抽出物)

 

こちらはあまり馴染みの無い成分かもしれません。

 

ピクノジェノールは、フランス海岸松の「樹皮」からの抽出物です。日本では馴染みが薄い成分ですが、アメリカではサプリメントの人気ランキングにおいて、常に上位にランクインしています。

 

ピクノジェノールの「EDへの有用性の論拠」を見ていきましょう!

 

 

ピクノジェノール+L-アルギニン→勃起不全への効果

 

アルギニンと一緒に摂取することで、勃起不全への効果ありと結論づけられています。英語の書籍ですが、要約を紹介したいと思います。

(出典:ピクノジェノールとL-アルギニンによる勃起不全への治療

 

 

  1. アルギニン
  2. ピクノジェノール

これら2成分を同時に摂取すると「効果あり」ということですが、

 

 

 

ペプチアにはアルギニンが配合されていない・・!?


 

 

 

と、思いますよね?成分表を見る限りは。。

 

 

でも、大丈夫。

 

 

ペプチアには「マカ」が配合されていますね?

 

 

 

マカはアルギニンが豊富に含まれるスーパーフードとして知られています。

 

 

つまり、ペプチアを摂取することで「アルギニン+ピクノジェノール」の同時摂取の恩恵を受けることが可能なのです。

 

 

ペプチア・・・、
全てを見越した配合内容。恐るべし。。。

 

 

こちらにもピクノジェノールの有用性を示した資料があるので、参考になさってください。「男性機能の低下・精子機能の低下について改善・治療の報告がある」という記載が確認できます。
(参考:ピクノジェノール(フランス海岸松エキス)の多様な機能性について

 

ペプチアの効果(おすすめする「補助的理由」)

既に述べた「2つの有用成分」だけでも、ペプチアを選ぶべき十分な理由を説明できたかと思います。

 

さらに、選ぶべき理由の補助的な要素として、以下3点を説明しておきたいと思います。

 

  1. 成分面:バイオペリン、レスベラトロール、亜鉛
  2. 実績面:アマゾンズチョイスに選定
  3. 保証面:30日間の全額返金保証制度

 

@ 成分面

バイオペリンレスベラトロール、さらに亜鉛成分に関して。

 

1.バイオペリン

 

公式サイトにも記載がありますが、吸収を高める成分です。実はこの成分、精力サプリだけではなく、健康食品にはしばしば配合されている商品なのです。(特に燃焼系のサプリに配合されるケースが多いですね)

 

 

口から摂取しても、全ての栄養素が吸収されるわけではありません。吸収率を高めてこそ、有用成分の効果を十分に発揮できる環境が整うわけです。

 

2.レスベラトロール

 

レスベラトロールは強力な抗酸化物質として知られています。

 

抗酸化とは・・・

 

 カラダの「サビ」に対抗する機能です。

 

時間が経つと鉄は赤茶色に錆びるように、人間も年齢に伴う「サビ」が懸念されます。エイジングに対抗する成分こそが「抗酸化成分」なのです。

 

 

実はこの成分、精力サプリで売上No.1のヴィトックスαの目玉成分だったりします。ヴィトックスαの公式ページで、「緊急配合」と題して大々的にレスベラトロール成分を推していますよね?

 

ペプチアの公式ページでは、目立たないようにヒッソリと記載されていますが、実は主力級のスペシャル成分なのです。

 

3.亜鉛

ペプチアには「亜鉛」がしっかり配合されています!
精液の合成など、男性機能に深く関与する成分亜鉛です。

 

別名「セックスミネラル」とも呼ばれていますね?

 

亜鉛は日本人が不足しがちなミネラルの代表格です。前立腺に存在し、不足すると性的な機能低下を招く恐れがあります。

 

また、亜鉛は男性ホルモン(テストステロン)の分泌とも深く関わっていると考えられています。

 

亜鉛とテストステロンの関係はまだ解明しきれていませんが、毛髪や血中の亜鉛濃度が高い男性は、テストステロンの値が高いという報告もあります。

 

A 実績面

ペプチアはアマゾンで 「アマゾンズチョイス に選ばれています。

 

【男の救世主】ペプチアで効果的対策ができる理由は2種類の有用成分にアリ

 

アマゾンズチョイスに選定される条件は完全には開示されていませんが、以下の2つのポイントを両方満たす必要があることはわかっています。

 

  1. 商品が売れていること
  2. 購入者の評価が高いこと

 

売れているだけでなく、結果として購入者の評価(=満足度)が高くなければ選出されることはありません。

 

ペプチアはアマゾンズチョイスに選ばれている=ペプチアの実力が客観的に評価されている

ということです。

 

(※販売価格は、アマゾンでは10,000円前後ですが、公式サイトでは初回半額以下で購入可能です。損すること無きよう・・)

 

B 保証面

いわゆる精力サプリで「実感できる効果」には、個人差があるというのが現実です。残念ながら、全ての人に万能に効果があるサプリは存在しません。
(そのような商品は「医薬品」に該当し、「効く分」副作用のリスクは避けられないのです)

 

 

全ての人に「効果の実感」が保証されるわけではないからこそ、保証面が大切なのです。

 

ペプチアは、30日間の全額返金保証制度を設けているので、安心して始めることができます。

↓↓↓

 

ペプチアのライバル商品は1つだけ

既に、精力サプリのページで比較したように、ライバル商品よりも、ペプチアは「品質面」「科学的根拠」の観点から、一歩抜きんでた存在と判断できます。

 

 

では、完全にライバル不在で「一強」なのか・・?

 

 ペプチアのライバルとなり得る条件は?

 

と聞かれると

 

 有用成分である「ランペップ」「ピクノジェノール」両方配合されていること

 

と答えます。

 

しかし、この観点から見た場合、ランペップとピクノジェノールを両方含むサプリは存在しませんでした。

 

 

ただ、「レッドドラゴン」という商品が、ピクノジェノールは非配合ながら、他の成分構成が良く、ライバルになり得るかも?とも感じました。

 

 

一覧表で比較してみます。

 

ペプチア レッドドラゴン
商品
ランペップ 500mg 500mg
マカ 250mg 500mg
亜鉛 9mg 10mg
ピクノジェノール 配合あり -
レスベラトロール 配合あり -
クラチャイダム - 150mg
ヒハツ - 150mg
トンカットアリ - 1000mg
バイオペリン 5mg 5mg
アマゾン評価 ★4.6(12件) -
価格(初回) 4,800円 5,292円
価格(2回以降) 10,800円 10,584円

 

まず大前提として、最重要な有用成分2つ(ランペップ、ピクノジェノール)に関して、配合有無は以下の通りです

 

  • ペプチア:両方とも配合あり
  • レッドドラゴン:ランペップのみ配合

 

ですから、この時点で「勝負アリ」なわけですが・・・、

 

レッドドラゴンの「強み」についても触れておきます。。

 

 

着目すべきは、以下2点です。

  • マカの配合量が多い
  • トンカットアリ配合

 

マカの配合量が、ペプチアの2倍であることは評価できるポイントです。
また、トンカットアリも精力サプリに頻繁に配合される有名な成分です。レッドドラゴンは、サブ的な成分は優秀なのです。

 

 

失礼な言い方かもしれませんが・・・

 

レッドドラゴン

  • 脇役は強い
  • 主人公は力量不足

 

といった感じでしょうか。。

 

いずれにせよ、ランペップとピクノジェノールが両方配合されているのは「ペプチア」の他にありません

 

「ペプチア」をおすすめする私の考え・結論がひっくり返ることはありません。

 

頻繁に比較される「ペプチア」vs「プロキオン」の結論

その他、活力系サプリでしばしば比較されるのが、ペプチアvsプロキオンです。プロキオンの成分を調べましたが、

  • オキソアミヂン末
  • トコフェロール酢酸エステル
  • チアミン硝化物

 

EDに対し有用な成分の含有は確認できませんでした。

 

確かに、にんにく成分(オキソアミヂン)は活力には良いと思いますが、それが男性機能と直接的に結びつくのか・・・?ED有用性の根拠・論拠に関して、大きな疑問を抱かざるを得ません。

 

 

また、

 

 「プロキオンは指定医薬部外品だから効果があるのでは?」

 

という声もあるかと思います。「活力製剤」と書いてあって安心できそう!

 

しかし、プロキオンで認められた効能

  • 滋養強壮
  • 虚弱体質
  • 肉体疲労
  • 病後の体力低下
  • 食欲不振
  • 栄養障害
  • 発熱性消耗性疾患
  • 産前産後などの栄養補給

 

 勃起不全への効果は記載ありませんよね?

 

活力を高めるには良いですが、本当に必要なのはED、またはED初期状態に対する効果です。ペプチアとの成分と比較・および期待効果を比較すると、物足りなさを感じざるを得ません。

 

やはり、きちんとした根拠のあるペプチアを選ぶべきでしょう。

 

ペプチアをおすすめできない人

ここまで、散々ペプチアを褒めちぎってきましたが、デメリットは無いでしょうか?

 

・・・

 

・・・

 

あります。

 

 

ずばり、

 

 

価格。

 

 

正直、安くはありません。

 

既に「成分の有用性」は説明した通り。根拠のある成分をしっかりと配合している事実。

 

 

・・・

 

 

安くはできませんね。。それも納得。

 

 

ですから、おすすめできない人としては「本気ではない人」です。

 

 

ある意味、「本気」の人のみ厳選するサプリと言えるかと思います。

 

ペプチアの副作用

基本的に、ペプチアは医薬品ではないので、副作用という言葉は用いません。ですから、以下に述べるのは副作用ではなく「注意すべき人」「念のため配慮すべき栄養素」に関して言及します。

 

 

まず、成分一覧を見ていきましょう。

卵白加水分解物、マカ抽出物、デキストリン、グルコン酸亜鉛、黒コショウ抽出物、ウアナルポマチョエキス、ガラナエキス、ムイラブアマ樹皮エキス、パフィアエキス、フランス海岸松樹皮エキス、赤ワイン抽出物/結晶セルロース、ステアリン酸Ca、微粒酸化ケイ素

 

気を付けるべきは2つ。

  1. 卵アレルギーの方
  2. 亜鉛の過剰摂取

 

@原料に卵を含むので、卵にアレルギーがある方は飲用してはなりません。

 

Aまた、亜鉛の過剰摂取に関しても念のため注意が必要です。

 

ペプチアの1日目安量である6粒を摂取すると、亜鉛9mgを摂取することになります。亜鉛は日本人に不足しがちな栄養素ですが、あまり多く日常的に摂取しすぎると、副作用があります。1日あたり、40〜45mgが耐容上限です。

 

日常的に高濃度の亜鉛を摂取することは、良性の前立腺肥大リスクを増加させる可能性があります。
参考:亜鉛の働きと1日の摂取量(公益財団法人長寿科学振興財団)

 

 

ただ、亜鉛を多く含む牡蠣でも、亜鉛40mgに到達するには、15個以上食べる必要があり、ほとんどの人には問題ないでしょう。

 

もし、日常的に牡蠣を大量に食べている方は、亜鉛の上限摂取量に関し、注意をした方がよいでしょう。

 

★ペプチア購入前に知っておくべきこと

ペプチア購入前に知っておいた方が良いこと、注意点を「3点」お伝えします。

 

  1. 営業電話・定期縛りは一切無し
  2. 薬局や量販店では購入できません
  3. 全額返金保証は公式サイト購入限定

 

営業電話・定期縛りは一切無し

精力サプリを購入すると、別の商品の勧誘電話を受けそう・・・という心配。

 

ペプチアに関しては一切の勧誘・営業電話はありません。(公式サイトにも明記されています)

 

また、通販でありがちな「●回以上の継続が必要」というような縛りも存在しません。

 

コンビニや薬局・量販店では購入できません

ネット限定販売です。店頭販売によるコスト増を抑制するためでしょう。

 

コスト増は、結局、商品価格に跳ね返ってきますから・・・、よりリーズナブルに提供する為の企業戦略ですね。

 

「本当の意味で」コスパの高い商品は店頭には並びません。ネットでひっそり、知る人ぞ知る、高コスパ商品です。

 

残念ながらお試しサイズは無い

通販商品でありがちな「●日間分のお試しパック」というようなプランは、ペプチアには存在しません。

 

というのも、ペプチアにはバイアグラやレビトラのような即効性は無く、数日間試したぐらいでは効果を実感するのは難しいです。

 

最低でも1ヶ月間は続けるべきで、「●日間のお試し」というプランには、購入者にとってもメリットはほとんど無いわけです。

 

全額返金保証は公式サイト購入限定

満足できなかった場合、返金保証制度があります。公式サイト経由での購入のみ適用可能なので、ご注意ください。
アマゾンでの購入は「全額返金保証の対象外」となってしまいます。

 

  • 最重要の「2成分同時配合」はペプチアだけ
  • 公式サイトでは、初回は55%OFF!(毎月先着300名)

↓↓↓

 

 

よくある質問・ペプチアQ&A

いくつかよくある質問をご紹介します。

シトルリンは配合されていないの?
はい、配合されていません。シトルリンの役割は、一酸化窒素(NO)を産生することによる血管拡張です。既に説明した通り、ペプチアの場合
  • ランペップ
  • ピクノジェノール+マカ

この2成分が一酸化窒素を作り出す役割を担っています。研究結果・論拠もあり、シトルリンを上回る十分過ぎるぐらいの信頼度です。

 

高血圧でも大丈夫?
これはバイアグラと混同しているでしょうか?高血圧の方がバイアグラ服用する場合、医師の指示を受けながら行うことが推奨されます。

ペプチアにはバイアグラのような血圧を下げる効果はないのでご安心ください。ただし、持病をお持ちの方は医師と相談の上、使用した方がよいでしょう。

 

テストステロンを増やせる?
医薬品ではないので、そのような直接的効果はありません。ただし、亜鉛が豊富に配合されているので、男性としては嬉しい成分構成であるのは間違いありません。

 

増大効果はあるか?
少なからず期待できるでしょう。増大のカギとなるのは「一酸化窒素の産生」でしたね?ペプチア成分:ランペップとピクノジェノールにも同じような作用があるとお伝えしました。

 

女性はペプチアを飲んでOK?
成分的には問題無いでしょう。ただし、意味も無いと思います。一酸化窒素は男性機能へのアプローチですから。

 

即効性はある?
飲んで即効!!というような効果はありません。少なくとも30日は続けるべきでしょう。薬ではありませんし「内面」から「本質的」に「じっくり」というのが根本的な対策です。

 

・・

 

 

とは言っても、、自分には本当に効果があるのか・・・?まだまだ不安ですよね。。

 

 

・・

 

 

 

・・・ご安心ください!!

 

 

もしイマイチでも・・・、30日間の全額返金保証制度を設けているので、安心して始めることができます。

 

まずは、行動を起こしてみることが大切ではないでしょうか。

↓↓↓

 

page top