新学術領域研究(研究領域提案型) 脳タンパク質老化と認知症制御

目的

本領域は、脳のタンパク質の変異に着目し、認知症のメカニズムの解明および、認知症の予防や治療の発展に寄与することを目指した研究プロジェクトです。

NEWS & TOPICS一覧を見る

2016年9月26日(月)
国際ワークショップ2016終了報告
2016年8月5日(金)
Alzheimer’s Association International Conference 2016 (AAIC2016)報告ー東京都医学総合研究所 細川雅人
2016年7月25日(月)
8月26日(金)2016 タウミーティング(学習院大学・南7号館1階講義室)開催
2016年7月19日(火)
Dipartimento di Scienze Neurologiche, Università di Bologna, Ospedale Bellaria - Azienda USL di Bologna研修報告ー東北大学 甲斐英朗
2016年7月19日(火)
8月25日(木)新学術領域研究「脳タンパク質老化と認知症制御」共催・脳とこころの研究センターサマースクール(名古屋大学鶴友会館2F会議室)開催
2016年7月8日(金)
国際ワークショップ2016プログラムはこちら
2016年7月8日(金)
国際ワークショップ2016の参加お申し込みはこちらから
2016年7月8日(金)
9月1日(木)新学術領域研究 共催:名古屋大学 脳とこころの研究センター拡大ワークショップ(名古屋大学医学部基礎医学研究棟1F会議室2) 開催
2016年6月29日(水)
8月17日(水)新学術領域研究「脳タンパク質老化と認知症制御」共催・脳とこころの研究センターサマースクール(名古屋大学基礎研究棟1F会議室2)開催
2016年6月27日(月)
Keystone Symposia conference : Common Mechanisms of Neurodegeneration報告ー新潟大学脳研究所 加藤 泰介